上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
[サクラダ]
36→38 @5000 +10000
[プロミス]
521→526 @1000 +5000
518→513 @1000 -5000
[ニッパンレンタル]
176→170 @1000 -6000
[日成ビルド工業]
138→136 @4000 -8000
[日本風力開発]
50200→53000 @10 +28000
[日本アジア投資]
67→60 @5000 -35000 (予備口座)
[セイクレスト]
41→35 @5000 -30000
[不動テトラ]
111→111 @5000 ±0
117→115 @5000 +10000 空売り

本日の損益
-31,000 (手数料引いて約-35,500)

プロミスの2回目のトレードは利確するチャンスはあったが、その場の雰囲気でOUTをためらう。
その後、売りに押されて下落して損切り。

ニッパンレンタルは大幅GUで急落していたのでリバウンド狙いでIN。
しかし、その後もあまり買いが入らず下落して損切り。
リバウンド狙いで板の薄いような銘柄に入った場合は、すぐに見切りを付けないといけない。

日本風力開発はS高からどんどん下落していたのでリバウンド狙いでIN。
反発して利確。

日本アジア投資はずっとマイナス圏で推移していて、10時30分頃まで下げていたが、そこから反発して上げて来たのでIN。
ただ、INが遅すぎるし、これもその場の雰囲気でついINしてしまっている。
こういうのは、すぐに損切るか少なくとも前場中にOUTしないといけないのに、これまた雰囲気に騙されてOUTを躊躇し持ち越し。
昼休み中に先物がとんでもない事になり、大幅GDで損切り。
敗因は、雰囲気でOUTをためらったのと、今のように先物が大きく動く可能性のある時に持ち越してしまったこと。
先物の急落を考えればこれぐらいの損失で済んだのはまだ良かったが、雰囲気で中途半端なところでINしたのとOUTをためらったのは許せない。

セイクレストは高い位置で横ばいが続いていて、前場引け5分ぐらい前に上に行きそうになったのでIN。
しかし、売りが強く上がらずに後場に持ち越し。
後場は、39に大きな買い板があって40で寄り付くも、買い板が消えて急落して損切り。
あのような状況で、気配でOUTをためらうとこのような事になるのは少し考えれば分かる事。
全然分析が出来ていない。
というか、しようともしていない。

不動テトラの1回目のトレードもその場の雰囲気で入っていて全く分析していない。
その後、売りに押されて一時は106まで下落。
何とか戻して来てOUT。
ただのアホ。

今日のトレードは酷過ぎる。
全く頭を使っていない。
その時の雰囲気で入って、雰囲気でOUTしようとしている。
もっと頭を使ってしっかりと分析し、先を読んでIN・OUTしないといけない。
”何度同じ事を書けば出来るようになるのか”。
明日もこんな糞みたいなトレードをするようだと、株は諦めた方が良い。
それにしても、自分に腹が立つ。

現在の資金
653,000円(メイン口座)

少しでもお役に立てましたら1クリックお願い致します。

にほんブログ村 株ブログへ
スポンサーサイト

2011.03.15 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。