ザラ場、カルナに「iPS細胞由来がん幹細胞の創薬活用を目的とした共同研究契約」というどう見ても超絶特大材料が出たのでIN。
しかし一本急騰しただけで続かずほぼ全モ。
時価総額200億OVERはどんな超絶材料でもスルーというのが新興個人のコンセンサスのよう。
アドウェイズのTwitterとの提携の材料も続かなかった。
100億OVERは貸借なら確実に来るはずだが、非貸借は不明。
とにかく、トヨタとの提携だろうが何だろうが200億OVERは絶対に手を出さない。
スポンサーサイト

2016.03.25