英国のEU離脱で日経ザラ場-1300の大陰線引いての今日。
個人誰も手を出さず新興は弱い動きになるかと思ったが、日経+230のGUで新興も前日急落したものやS引け含め大幅GUとなり、寄り後も強い動きでS引けも多数。(日経は底堅い展開で陽線引け。)
直近三年程日経の日足振り返ると、昨年夏や年初の暴落含め、ザラ場での下落は大きくても500程度まで。(4/28の追加緩和見送り失望除く。もっとも、下落幅の大半は後場でのGD。)
唯一それ以上なのが、13.5.23(日経天井大陰線)のザラ場-1200の大陰線であり、このときも翌日+200のGUで新興もGUして陽線や十字線となって翌日GU寄り天。
つまり、日経がザラ場で1000超の大幅下落をした場合、翌日日経GUで新興もGUして寄り後も強い動きとなって、その翌日のGU(今回6/28はS引けのみGUで他は先物-200に連動してGDだった。)までは狙えるということ。(反発の強さは日経の日足の位置にもよるか)

今日は頭をフル回転させてあれこれ考えるべきことを考えるということが出来た。
まだ完璧ではないが、ここまで頭を使って自分なりに考えてトレード出来たのは初めて。
今日の点数を付けるとしたら、過去最高の85点。(取引自体はほぼノートレだが)
明日以降もこの感覚を忘れず継続する。
スポンサーサイト

2016.06.27