直近IPOウォンテッドリー、買いいないがアルゴが既存売り含め買い上げて後場に一瞬S張り付く。その後はそこからマクロで下落してマイ転してさらに掘削して引け。
普通なら下げたところを拾うべきものだが、買いのいないIPOはこうなるのでスルーが鉄則。
これだから買いのいないIPOは気をつけないといけない。(既存売りがあるものは特に)

今の課題は、板すぐ消す、INのタイミングのプロセス、要素の分析、及びこれらを実践するための集中。

ところで、ダウはいったいどこまで上げるのか。
スポンサーサイト

2017.09.20