上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
[倉元製作所]
332→330 @1000 -2000
349→349 @1000 ±0 (予備口座)
[タケダ機械]
90→87 @3000 -9000
[トラスト・テック]
39500→41100 @8 +12800
[MCJ]
21400→約21983 @15 +7250 (予備口座)
[D.A.コンソーシアム]
40000→39900 @8 -800
[セルシード]
1515→約1533 @200 +3500 (予備口座)

前場の損益
+11,750

倉元はGU寄付きで入るも下がりそうだったのですぐに損切り。
2回目のトレードはINが遅過ぎた。

タケダ機械は寄り付き後急落して少し戻し始め大きい買い板が出てきたのでIN。
しかし、その後大きい成売りが出て下がったので損切り。
やはり、急落した銘柄は慎重に分析してINする必要があるということを改めて学ばされた。
今後、二度と同じミスは犯さない。

トラスト・テックは剥がれず引けてほしかった。
結局は張り付いて引けるような気はしますが。

MCJは少し大きな成買いが入って買い板も少し厚くなって来たのでINしたが、ちょっとINを焦った感がある。
もう少ししっかり分析していれば、さらに下でIN出来た。
OUTは良かった。

D.A.コンソーシアムは買う人がいないだろうと思いつつも気配で指してINしてしまう。
余計な取引。

いくつかチャンスを逃しているので、寄付きからある程度時間が経ったら銘柄を絞って徹底的に監視した方が良いかもしれない。

後場も気を抜かずに臨みます。

少しでもお役に立てましたら1クリックお願い致します。(前場・後場両方して下さると有難いです。)

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

2011.01.24 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。