上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
[ト-ヨ-コ-ケン]
83→77 @3000 -18000
[原弘産]
91→95 @5000 +20000
[MAGネットHD]
245→約245 @2000 +500
[ジパング]
1681→約1678 @250 -808
[A.Cホールディングス]
38→40 @5000 +10000
[ティー・ワイ・オー]
80→83 @3500 +10500 (予備口座)
[エキサイト]
65000→67900 @2 +5800
[シーシーエス]
200000→204000 @1 +4000

前場の損益
+31,992

ト-ヨ-コ-ケンは寄付き後急騰して少し押し、再度上げそうになったところでIN。
しかし、売りが強く、買い板も薄かったので急落して損切り。
やはり、千株単位の板の薄い銘柄は要注意。
上がる時は一気に上がるが、下がるときも一気に下がる。

原弘産は寄付き後少し下げてから上昇し、流れに乗ってトレード。
もう少し早くINしたかった。

MAGネットもINが遅い。

ジパングは寄付き後急騰した後、徐々に下げてマイナス圏で推移していて一旦反発しそうだったのでIN。
案の定、上がり始め、一時は1740まで戻すも分析が甘く、欲張ってしまい利確せず。
その後、買い板が薄いのもあり急落して結局損切りする羽目に。
まだまだ甘い。
そもそも、寄付きから徹底マークしてそこで入るべき銘柄。

A.Cホールはもう1ティック粘るべきだった。
この辺も読みが甘い。

エキサイトもS高行くとは思いながらも、買い板が薄いのもあり粘れなかった。
シーシーエス然り。

クロニクル、アイビーはしっかり監視していたら取れたはず。

まだまだ読みが甘いし、監視も甘い。
後場は精度を上げて徹底したいと思います。

少しでもお役に立てましたら1クリックお願い致します。(前場・後場両方して下さると有難いです。)

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

2011.02.24 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。