上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
[沖電線]
225→236 @4000 +44000
[ゼニス羽田]
122→123 @5000 +5000
[東京特殊電線]
131→130 @5000 -5000
[デイ・シイ]
319→313 @3000 -18000
[インターライフホールディング]
115→117 @5000 +10000
[大日本塗料]
115→約112.5 @5000 -12000
[ジパング]
1380→1325 @500 -27500
[アイチコーポレーション]
431→430.5 @1000 -500

前場の損益
-4,000

東京特殊電線、デイ・シイはその場の雰囲気で何も考えずに入る。
さらに、デイ・シイは大口を当てにしてOUTをためらい損失拡大。

大日本塗料は急騰した後急落して来て、例の如く何となくリバウンド狙いでIN。
その後、売りに押されて下落し損切り。
OUT時も全く頭を使わず、ためらって損失拡大。
学習能力ゼロ。

ジパングは急騰していて、完全にその場の雰囲気に惑わされてIN。
その後下がるも、気配や大口を当てにしてOUTを躊躇して損失拡大。
アイチのOUTも同様。

何も考えずに取引をするとこのようになる。
間違ってINしたとしても、OUTの時にしっかり頭を使っていればそれがストッパーとして機能し、少ない損失で済んだ筈。
アホの見本。
INとOUTの間で一旦頭をリセットする癖を付けないといけない。
後場はアホみたいなトレードだけは”絶対”にしないようにします。

少しでもお役に立てましたら1クリックお願い致します。(前場・後場両方して下さると有難いです。)

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

2011.04.05 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。