[山一電機]
241→約239 @1100 -1900 (予備口座)
[インプレスホールディングス]
155→156 @6000 +6000
155→150 @5000 +25000 空売り
[廣済堂]
約288.5→297 @3000 +25900
[JVCケンウッドHD]
428→426 @2300 -4600
[サニックス]
254→253 @5000 +5000 空売り

前場の損益
+55,400

山一電機は寄り付きでINするも気配で入った感がある。
暫くは含み益だったが、徐々に買いが入らなくなり下げて来て損切り。
気配に頼らず、さっさと利確しておくべきだった。

JVCケンウッドは1回目のリバウンドで入り損ね、再び下げて来たところで下に指しておいた注文が約定。
利確のチャンスはあったが、分析が甘くHOLDしてしまい結局損切り。
そもそもINするべきではなかった。
また、東一の銘柄は先物にも気を配らないといけないということを頭に入れておく必要がある。

まだその場の雰囲気・気配でトレードしている感がある。
後場は、IN・OUTに妥協しない完全な分析マシーンを目指します。

少しでもお役に立てましたら1クリックお願い致します。(前場・後場両方して下さると有難いです。)

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

2011.04.14 


Secret