[鉱研工業]
410→約407 @2000 -5800 ×
[ネットイヤーグループ]
56100→約55000 @10 -10700 ×
59600→60700 @10 +11000 ○
[カルナバイオサイエンス]
約52940→54200 @16 +20200 ○
[高島]
246→245 @3000 -3000 ×

前場の採点
2勝3敗

前場の損益
+11,700

鉱研工業はGUスタートで上げ始めてIN。
ただ、そんなに強くなかったので追随するべきではなかった。
OUTもためらい損失拡大。

ネットイヤーはGUスタートで少し上げた後、すぐに下落し、反発して上げそうになっては下がるという動きを繰り返し、再び上げ始めたところでIN。
これもその場の状況しか見ていないIN。
買いが続くはずも無く、売りに押されて下落し損切り。

高島も予測が甘いIN。
買う人がおらず下落し損切り。
OUTもためらう。

相変わらず、その場の状況でトレードしてるし予測(分析)も甘い。
また、主体的な損切りも出来ていない。
後場はきっちり修正して、”予測の精度”向上に努めます。
スポンサーサイト

2011.05.30 


Secret