[アイビーダイワ]
37→39 @20000 +40000 ○
[池上通信機]
75→74 @10000 -10000 ×
[メディビックグループ]
10310→10470 @80 +12800 ○
[デ・ウエスタン・セラピテクス]
196→200 @1900 +7600 ○
[ネットイヤーグループ]
84500→83350 @5 -5700 ×

前場の採点
3勝2敗

前場の損益
+44,700

アイビーは寄り付きで入って利確。

池上は大幅GU後下げて来て反発しそうになりINするも指し負ける。
その後、1ティックだけ上げて売りが優勢になり再度下げる気配を見せる。
買い板が厚かったので注文は取り消さずにいると、一気に板を外されて売りが出て約定。
見せ板の可能性大だったので、ルールに従って一旦注文を取り消しておくべきだった。
すぐに損切りしたのは良かった。

デ・ウエスタンはINが少し遅れた。

ネットイヤーは気配が良くなってつい入ってしまった。
買いが続かず下落し損切り。

後場もしっかり分析して、IN・OUTのルール遵守を徹底します。
スポンサーサイト

2011.06.02 


Secret