上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
[廣済堂]
約274.5→268 @3500 -22300 ×
[ファンドクリエーションGP]
約154→151 @6200 -17600 ×
[ひまわりHLDGS]
166→165 @4000 -4000 ×
[免疫生物研究所]
6800→6950 @100 +15000 ○
[メディネット]
15810→15980 @1 +170 ×

前場の採点
1勝4敗

前場の損益
-28,730

廣済堂はGU後、一瞬上げるもすぐに下落し再度上げ始めてIN。
直後は上がるも、すぐに下落しOUTもためらい損失拡大。
直近の予測しか出来ていないからこういうことになる。

ファンドクリエは完全な誤発注。
気が弛んでいるし、頭が働いていない証拠。
また、こういう時はすぐにOUTするというルールも守らず。
損切りをためらって損失拡大。

ひまわりも瞬間的な予測しかしていない。
OUTもすこしためらった。

メディネットも急騰後、下げて来たところを安易に下で指してIN。
すぐに取り消して1株だけ約定して素早くOUT。
何となくで指している。

もっと”長いスパンでの予測”をしないといけない。
直近だけ上がりそうだといって入るのは危険。
また、ルール違反やOUTの躊躇等、決めたことが守られていない。
後場は”しっかり頭を働かせて”、前場と同じ様なミスは”絶対に”しないよう意識します。
スポンサーサイト

2011.06.03 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。