上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
[グリムス]
2610→2550 @200 -12000 × (持ち越し分)
[ファンドクリエーションGP]
157→154 @5000 -15000 ×
[東理ホールディングス]
32→32 @20000 ±0 ×
[第一実業]
453→460 @2000 +14000 ○
[環境管理センター]
408→約403 @1000 -5100 ×
[ゼニス羽田]
103→103 @5000 ±0 ×

前場の採点
1勝5敗

前場の損益
-18,100

グリムス、大幅GDで損切り。
ニュートラルな分析が出来ていなかった。
それほど注目されていなかったし、あの日足でGUの可能性は低かったか。
引けで利確すべきものだった。
”少しでも不安要素がある場合は持ち越さない”方が良い。

ファンドクリエは寄付き後急騰し、少し下げて再度上昇し始めてIN。
しかし、買いが続かず売りに押されて下落し損切り。
あの状況で追随するべきではなかった。

東理ホールはその場の雰囲気でOUTを躊躇してしまった。
利確のチャンスを逃し同値撤退。

環境管理もその場の雰囲気で追随。
下で拾うべきもの。

ゼニス羽田はINが遅れた。
上げ始める前に入っておかないといけない。

全く自分のトレードスタイルが実践出来ていない。
”上げる前に入るべきものに入れていないし、INすべきでないところでINしている”。
”OUTも分析に基づいてOUTしていない”。
後場は集中力が切れることがないよう気を付け、”自分のトレードスタイルの実践”を徹底します。
スポンサーサイト

2011.06.17 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。