上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
[ジパング]
2265→約2262.5 @250 -578 ×
[アルデプロ]
320→318 @1000 -2000 ×
[アミタ]
1960→1989 @100 +2900 △
[構造計画]
1870→1840 @400 -12000 ××
[ファンドクリエ]
205→204 @5000 -5000 ××

前場の採点
4敗1分

前場の損益
-16,678

ジパング、寄付きで入る程のものではなかった。
OUTも買いに勢いが時点ですぐに執行するべき。
そもそも寄付きの分析自体、あまり出来ていなかった。

アルデプロ、あまり分析せず少し見ただけでIN。
論外。

アミタ、追随に近い形で入ったがあまり上昇の余地は無かった。
その後、大幅に下げてから再び急騰し最終的にS高張り付き。
後にINした方がもっと取れたはず。
様子を見るべきだった。

構造計画、買う人がいないと思ってINを我慢に我慢した後、仕掛けにつられてIN。
最悪なパターン。
ファンドクリエも似たようなもの。
分析項目の優先順位をもっとしっかり意識する必要がある。
”時間が経つにつれて優先度は変わってくる”。
また、”チャート”もしっかり見る。

後場は、分析・優先度を意識し、これらを徹底出来る強い精神で臨みます。
スポンサーサイト

2011.07.15 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。