上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
[SEホール&インキュベ]
31000→約32900 @11 +20850 (持ち越し分)
[SBIネットシステムズ]
12900→14150 @2 +2500 (持ち越し分)
14650→14880 @20 +4600
[フルキャストホールディングス]
約23420→約22960 @15 -6618
[マーチャント・バンカーズ]
210→210 @1500 ±0
[田中化学研究所]
1394→1394 @200 ±0
[レイ]
131→131 @2000 ±0

前場の損益
+21,332

SEホールは寄り付きで半分利確。その後下がりそうだったので残りも利確。
もう少し粘れば良かったか。

SBIネットは予想外のGUでそこで利確。
これも様子を見るべきだった。
その後監視を続けて、流れに乗ってIN・OUT。

またフルキャスト・・・。
かなりの勢いで上がっていたので追随。
ただ売りが強く、値動きが激しかったのもありOUTをためらってしまう。
こういう動きの激しいものはすぐに判断しないといけない。
というか、急騰の追随はもう二度としません。

マーチャントはINが遅かった。
もっと、仕手の動きを読んで早くINするべきだった。

田中は下がって来た所を拾う。
ただ、もう買う人がいなかったので薄利でもOUTするべきだった。
これも分かっていながら、欲張って躊躇してしまった。

昨日触れた証券税制優遇の延長ですが、2年で決定したようで、一時は延長しない流れになっていた事を考えると私的には上出来ですね。
スポンサーサイト

2010.12.15 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。