上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
実務の面で学んだことが多かった。
そもそも、実務という概念自体を学んだ一年だった。
経験則もかなり蓄積出来た。
進歩のペースには不満があるが、それでも年始の頃と比べるとかなり進歩(変化)しているのは自覚出来る。
完成形まであと少しという実感だがどうか。

収支的には前年の半分以下だが、今は収支は気にしないのでどちらでもいい。(大きな損失の大半がIPO。8月のダウ暴落でも多少やられた。)

地合は、前年に比べると悪く、かなり買いが入りにくかった。
初心者のような個人はほぼおらず、ある程度経験のある人間しかいない感じ。
来年以降もこんな感じが続きそうか。

来年は早々に、完璧な売買の実践=完璧な売買の判断→マクロの先の展開の予測+有望度合、を実現することが現時点での目標。
最近、ヒクソンVS高田戦を見たが、ヒクソンの顔は終始冷静でまるで機械のようだった。
勝利者インタビューで言っていたのが、「私のファイトスタイルは相手がミスするのを待つもので、今回は相手が早くミスしたので勝負が早く着いた。」と。
いつ来るか分らないものを待つことほど難しいものはなく、それを実践するには機械になりきるしかないということ。(集中していて且つ冷静な状態)
相場の世界なら、チャンスを待つということにそっくりそのまま置き換えられる。
400戦無敗は技術・体力もあろうが、それと同程度以上に精神面が影響していると感じた。
スポンサーサイト

2016.01.03 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。