今日上場のバリューゴルフに割り切りで寄りでINするも、割り切る暇なく買い板決壊。(アルゴの一人芝居か)
反発なく下落でOUT出来ず、出来高カウントで買い増し。
数本横ばいも反発せずさらに下落で、S安の可能性があったので損切りOUT。
買い板見ていたが、スッカスカで誰も注文入れていない状態だった。
昨年末からそうだが、今はIPOに買いなしの流れ。
こういう状況では、出来高カウントすら通じないということ。
寄ったが最後、あとは売りしかいない。
よって出来高関係なくどこまでも下げる。
寄り後上の動きしたとしても当然続かないので結局下げる。
反転はWボトム確認が基本か。
アルゴいれば今日のように寄り値程度まで戻すことは起こりうる。(買い板は終始全然付いてきてなかったが。)
とにかく、IPO触るときはまずIPOに買いなしの流れか否かを確認しないといけない。
IPOに買いなしだと、本命等以外は寄り付近で買うメリットゼロ。(割り切り含め)
本命ですら一度大きく下げる可能性大。

3/9追記------------------------------------------------------------------------------------------
直近本命と踏んでいたブラスが期せずして初日9:14に寄って穏健初値。
IPOに買いなしの流れでもさすがにこれは上がる可能性高いと思い少しIN。
買いの入り悪いもアルゴ主導でマクロで下げずにS張り付き。
ところが、ほどなくしてS剥がれてそこから一気に急落しそのまま寄り値も割るという異常な展開。(普通なら剥がれても再度S目指す)
IPOに買いなしの流れだと、Sまで行っても続かず、全モの展開になるということ。
死ぬほど恐ろしいIPOに買いなし。
--------------------------------------------------------------------------------------------------

また、昨年末のIPOが不調だったので今回は来るんじゃないかと思ったが、こういう考え方も厳禁。
相場の世界では流れはとことん続くので、今度こそは、ではなく、今度も、と考える。(流れが変わったのを確認するまでは)
相場の流れには順張りであれ。
スポンサーサイト

2016.03.03 


Secret