[fonfun]
約328→約319 @1100 -9600 (持ち越し分含む)
[スパークス・グループ]
約10070→10090 @35 +550
[日本ラッド]
280→278 @1400 -2800
[ユビキタス]
288000→289900 @1 +1900

前場の損益
-9,950

fonfunはGUしていて、何となく今日きそうだったので寄付き直後にIN。
完全に当てが外れてOUTもためらい大損。
GUスタートで寄付きやその直後にINするのは、その銘柄の傾向や仕手の性質をきちんと把握しているものに限定しないといけない。
それ以外のものは様子を見て焦ってINしないのが賢明。

スパークスは初動でINするも、さらに上がるだろうと思い買う人がいない所で買い増し。
その結果薄利に。
こういう中途半端な銘柄は初動で全力買いして買いが入っている内に利確するのがベスト。

日本ラッドは相変わらずINが遅れてOUTもためらう。

ユビキタスは仕手が本気だったのでもっと早くINするべきだったし、引けにかけての上げは高値引けの可能性が高いので、OUTはもう少し様子を見るべきだった。

今日は寝不足だからか何なのか知らないが頭がボーっとしていたので、前場はノートレにするべきか迷ったけどやはりその方が良かったか。
まあこんなのは言い訳だし、やるんだったらもっと気合を入れて臨むべき。
株を甘く見すぎ。

後場もこんなことになるようだったら、「株なんてやめろ!」という覚悟で臨みます。
スポンサーサイト

2010.12.20 


Secret