上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
市場予想に反するまさかの英国のEU離脱で先物ザラ場で-1300。
CB発動。(見たのは震災以来だが、13.5.23の天井大陰線時にも発動した模様)
その後先物の板二桁の薄々売買。
CB発動中に1321ETFのアルゴ暴走で瞬間的に+9%上げた。
また、後場引け5分前には1320ETFのアルゴが暴走してこちらも+8%程度の特買いが50秒ほどあった。(50秒もおかしな特買いがETFで放置されるとは思わなかったが)
こういうCBが発動するような先物大幅下落時は、ETFのアルゴ暴走がCB中や引け5分前に来る可能性があるので+8%程度で空売り入れて待ち構えておく。

先物急落時の取るべき行動も確認。

こんな日でも日足でアルゴ入ってるような銘柄はアルゴが強引にS引けさせたのは少し驚いたが。(うっすらSで空売りしてしまった)

今の目標は、頭フル回転させてやるべきことをやるということ。

追記6/26
前々から気になっていたが、ダウの日足を見るとほぼ窓が無い。
今回のようなことが起こってダウ先物-500OVERにも関わらず、ダウの日足を見ると寄付きが前日終値と大差ないという明らかにおかしなことになっている。
調べるとズバリの回答があった。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1397737533
ダウの場合、指数を構成している個別銘柄がGDで寄っていない時、その時刻のダウ指数は当該銘柄の前日終値を使って算出されるようだ。
窓が空かない理由は分かったが、そうなるとダウの陰線(陽線)は本当の意味での陰線ではない日が出てくるが(日経方式だと十字線やむしろ陽線になる可能性がある)、今はあまり深く考えないことにする。
スポンサーサイト

2016.06.24 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。