上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
[セルシード]
1070→1079 @300 +2700
[ウルシステムズ]
77900→81500 @5 +18000
[JVCケンウッドHD]
330→329 @1200 -1200
[倉元製作所]
341→336 @1200 -6000
[YKT]
158→158 @600 ±0
[エー・ディー・ワークス]
16000→16200 @15 +3000
[データ・アプリケーション]
195000→194900 @2 -200
[MCJ]
20400→20340 @15 -900
[東洋合成工業]
630 @100 (S高張り付き中。)

前場の損益
+15,400

セルシードは寄付き後下げていたのでINして売りに押されそうな所で利確。
INが少し早かった。
売りが強かったのでもう少し下で拾えたはず。

ウルシステムズは寄付き後上げて来ていて、仕手がいるのと需給的にも上げるだろうと思いIN。
厚い板の前で利確。

JVCケンウッドも仕手が入っていて上げてきて売りに押されて下がって来た所でIN。
ただ、あまり買いが入って来ず損切り。
少しOUTをためらってしまった。
買いが入って来なかった時点ですぐに売り目線でOUTするべきだった。
それにしてもまさかS高まで行くとは。

倉元もJVCケンウッドと状況は全く同じ。
また仕手を当てにしてしまった。
買いがあまり入って来ない時点ですぐにOUTするべきだった。

エー・ディーも上げていて売りが出てきそうだったので下で指してIN。
その後、上げて来て売りに押されそうな所でOUT。

データは一度上げていて暫く行ったり来たりが続き再度上げて来た所でIN。
ただ、INが遅かったしこれも仕手を当てにし過ぎたのと欲張り根性で利確のタイミングを失う。
さらに、同値撤退も躊躇して一時は急落。
なんとか仕手のおかげで値を戻して来てOUT。
その後さらに急落していたので危ないところだった。

MCJは完全な急騰の追随。
本来はしっかり分析して、もっと下がって来た所で拾うべきもの。
これも仕手のおかげで小さな損失で済んだから良かったが。

東洋合成は引けにかけて上げていて、S高近辺だということに気付かずINが遅れてしまった。
また、成買いで入るべきだった。
普段からもっとS高に気を配る必要がある。
後場どうなるかは分かりませんが。

利益は出ていますが、はっきり言ってウルシステムズとエー・ディー以外は全然満足のいくトレードではない。
まだルールを守れなかったり、OUTをためらったり、仕手を当てにし過ぎたりしている。
本当にブレブレで軟弱な精神をしていて自分でも呆れる。

後場は”ブレない強い精神”を何が何でもキープしたいと思います。
目標はこれのみ。

少しでもお役に立てましたら1クリックお願い致します。(前場・後場両方して下さると有難いです。)

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

2011.01.06 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。