上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
[JVCケンウッドHD]
397→392 @900 -4500
[MCJ]
23650→23600 @15 -750
[セラーテムテクノロジー]
25500→25690 @13 +2470
[イナリサーチ]
86000→86000 @2 ±0 (予備口座)
[ソフトフロント]
62100→63000 @5 +4500
63100→64000 @2 +1800 (予備口座)
[アドテック]
147→145 @1000 -2000
[日本通信]
17600→17440 @20 -3200

前場の損益
-1,680

ケンウッドはGUスタートで上げ始めていたのでINするも、買いが続かず逆に売りに押されて下落。
仕手が買い板を厚くして値を戻して来るも、OUTをためらって損失拡大。
何度同じミスを繰り返すのか。
頭では分かっていても、こういう状況では欲等のトレードの大敵である感情が邪魔をして適切にOUTするのを難しくする。
言うまでも無く、精神が弱いのが原因。
デイトレ、特に瞬時の判断が求められるスキャルピングにおいてはブレない強い精神が必要。
何度も同じを事を書いてるが、まだまだ精神修行が足りない。

MCJも利確のタイミングは何度もあったのに出来なかった。
買う人がいないのは分かっているのに、ここでも、また上がってくるのではないかという欲が出てOUTを躊躇してしまう。

セラーテムは寄付き後下がっていた所をリバウンド狙いでIN。
これも少し欲張ってしまった。

ソフトは流れに乗ってトレード。
スキャルピングとしてはほぼ完璧だった。
2回目も下がって来た所を拾ってすぐに利確。
これも良かった。

アドテックは黄金の負けパターンに嵌る。
もっと冷静に分析する必要がある。

日本通信も入るのが遅すぎたし、OUTもためらった。

スパンクリートのような銘柄はやはり寄付きで入るべきだった。
読みが甘かった。
レイテックスも、寄付きでケンウッドなんかに入ってしまったので取れず。
寄付きで入る銘柄の選別の分析も、もっとしっかりやらないといけない。

後場は、ブレない強い精神を持って、スキャルピングのスタンスを徹底し瞬時の判断を心掛けます。

少しでもお役に立てましたら1クリックお願い致します。(前場・後場両方して下さると有難いです。)

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

2011.01.18 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。