上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
[デザインエクスチェンジ]
250→249 @800 -800
[新華ファイナンスリミテッド]
1671→約1666 @210 -1140 (予備口座)
[ナノキャリア]
44050→44400 @7 +2450
[プロパスト]
11040→11350 @30 +9300
[ソフトフロント]
62900→約61350 @5 -7700
[ダイヤ通商]
89→89 @3000 ±0 (予備口座)
89→84 @3000 -15000

前場の損益
-12,890

デザインは寄付きから下げてきていたので厚い買い板の前に指して約定。
その後も下がりそうっだったので損切り。
あの時間帯で買う人がいない状況ではINしないのが賢明だった。

ナノキャリアは急落していてのでリバウンド狙いでINして利確。

プロパストもリバウンド狙いでINして利確。

ソフトは上昇してから下げて来たのでこちらもリバウンド狙いでIN。
しかし買う人がおらず、売りに押されて下落。
仕手みたいなのが入っていたのもあり、買う人がいないのにもう下がらないだろう、もう下がらないだろうと根拠の無い予測を下がる度に繰り返して結局大損。
特にリバウンド狙いの場合は、見切りはすぐに付けた方が良い。

ダイヤ通商は何度もS高に大きな買いが入っていてかなり強力な仕手がいたので、剥がれてもあまり焦らず、結局は張り付くだろうと楽観視する。
しかし、徐々に売りが優勢になり始め、買う人もおらず仕手も支えきれなくなり下落。
いくら強力でも仕手を当てにし過ぎるのは危険だと改めて痛感した。

大損した取引はいずれも自分の黄金負けパターン。
精神が弱いから、OUTをためらってしまったり入るべきでは無い所でINしたり、何度も何度も同じミスに嵌ってしまう。
ただ、さすがにもう懲りた。
今後また同じようなミスで大きな損失を出した場合、投資スタイルを変えるか株をきっぱりやめます。

少しでもお役に立てましたら1クリックお願い致します。(前場・後場両方して下さると有難いです。)

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

2011.01.20 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。